早く借りたいのならおすすめのカードローン

カードローンを選ぶのに、早くその日の内に借りたいのなら、消費者金融の借入を選ぶのがおすすめです。インターネットから申込と書類提出の手続きができますし、個人客への貸付業務が長いので、在籍確認を含む審査が迅速に行われています。インターネットでの手続きが難しい場合や、自宅への書類やローンカードの郵送が家族にばれそうでまずい場合は、自動契約コーナーに備え付けられている契約機械を利用すれば、手続きからカードの発行までが行えます。希望するカードローンの限度額が50万円以下であれば、本人確認の書類の提出だけで済みます。運転免許証やマイナンバーカードのように、顔写真付きの証明書であれば、追加の書類は必要がありません。それ以外の証明書の場合は、住民票や、本人名義の公共料金の領収証を追加提出をお願いされることがありますので、確認するようにしましょう。他の金融機関やクレジットカードのキャッシング枠での借入がない場合には、ほとんどの消費者金融で追加の書類提出を求められることはないでしょう。

一部のカードローンでは、在籍確認をなしにする場合に、会社に在籍していることが容易に分かる書類の提出を求める場合があります。社名が入った健康保険証や、直近1~2ヶ月の給与明細書などで構わない所が多いです。個人宛ての電話の受付を一切しない勤務先の場合にも、追加提出して在籍確認の代替にできるカードローンもあるので、会社宛の電話連絡が難しい場合にもおすすめです。銀行のカードローンの場合は、在籍確認なしでは審査が通らない所もあります。ただし、個人事業主の場合は、収入が安定しづらいとか、事業の確認が難しいという理由で、所得が証明できる確定申告書などが必要となることもあります。更に、事業についての契約書や現況を詳しく示した書類を提出すると、ビジネスローンと個人用のカードローンと共用で使える場合がありますので、金融機関でまとまった事業用のお金を早く借りたい場合にもおすすめできます。